菅谷社長挨拶

ごあいさつ

耳のこと、補聴器のこと、

気になってきたのは、いつ頃からでしょう。

人生100年時代。まだまだやりたいことがあるし、

家族や友人との時間も楽しめるはず。

アキラメルなんてもったいない! ですよね。


私は世界的な補聴器メーカー・ワイデックス社に長年勤務し、

日本法人の代表も務めてきました。その間、

補聴器は驚くほど小さく高性能になってきたのですが、

日々感じていたのがお客様に接する販売店の

「心と技術」の大切さです。


お客様の悩みと丁寧に向きあい、

一人ひとりで異なる聞こえ方の特徴や生活環境を把握し、

的確に補聴器を調整する役割がますます重要になってきました。

補聴器は「店で選べ、人で選べ」と言われる理由もここにあります。

どうぞ、「ミミー補聴器=スガモのスガヤ」の

技術と経験をお役立てください。


ミミー補聴器 菅谷保巳